これまでの
ことが

まるで
なかったかのように


あの日
突然

ぼくに嫌いと
言い放ったきみに


さよならよりも
伝えたかったのは



ぼくはきみが
好きだったということ


たとえ
どんなに

きみに
嫌いと言われても


ぼくはきみが
好きだったということ




日常にHAPPYな驚きを
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

暑中お見舞い申し上げます

小湧生 〜しょうわくせい〜

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿