peni.png


誕生日の朝に
小原綾子さんのメルマガ

わたしのメールが
載っててドびっくり・・・



書いても

私の名前は
記載されてないので

ちょびっと信憑性は
ないかもしれませんが・・・



でもこうして
また新たに読み直すと


ここも
伝えておきたかったな

みたいなところが
出てきていたりとか


メルマガ繋がりで
白砂糖のことも書きたくなったり



左側の鎖骨に

悪いものが
溜まりやすいというのは

わたしも
初めて知ったのだけれど


頭に意識が
いきやすい状態というのは

首から上と
首から下の

コミュニケーションが
うまくとれていない

という状態と
わたしは感じていて


鎖骨を
さすってあげることで

首から上と
首から下の

コミュニケーションを
新たに繋ぎ直すという感じ



そして

うんうんと
頷きながら読んだのは

白砂糖の
ところなのだけれど

わたしの場合は
経血の質に変化が見えましたよ



それと
これは


お砂糖だけ
舐め比べてみたりとか

自分でお菓子とか作ると
わかりやすいのだけど


白砂糖より
ブラウンシュガーとかの方が

コクがあるので
しっかり味を感じやすいです



白砂糖って

コクがないので
大量に使わないと

甘さそのものが
感じにくかったりします



わたしは
甘いものの食べ過ぎって

ここも
関係してると想ってて


手作りのお菓子を
丁寧に作って並べているような

人の顔や温もりを
感じやすいお店のものより

(この店のこれだからいい!
 みたいなものより)


スーパーや
コンビニで

ざっくり手軽に
手に入りやすいものの方が

人って
食べ過ぎしやすい気がします



そういう
バッと買えちゃうものって

大量生産形式で
作られていたりするし

白砂糖のように
コクのない甘さが詰まってる


だから
大量にイケちゃう・・・

そういう感じ



けれど
手作りのものというのは

材料を目で確認しながら
丁寧に作られているので

砂糖の加減とか
考えられて作られてること


そして何より
作り手の顔が見えることで

1人で食べていても
人の顔が見えてきたりして

雑な食べ方って
できなくなる感覚があります



作り手の顔が
ふぅっと浮かんでくるような

丁寧に作られたものは
丁寧に食べたくなるというのが

わたしの経験上
強く感じていることです
 


勿論わたしも
スーパーなどで

お菓子を
買うこともあるけれど


なんだか無性に
ガバッといきたい時ほど

作り手の顔が
見えやすいものを買う


それも
また

丁寧に生きることの
ひとつとして

とても
大切なことと想うのよね




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

感情の切替スイッチって?

和紙から見える日本人の寛容さ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿