エド・シーランの
新曲2曲のうち

もしどちらか
1曲をお気に入りにするなら

今のわたしは
Castle On The Hillが好き



まだまだ
25歳だというのに

40代50代くらいの
おっちゃんが歌って

あじが出そうな歌を歌って
説得力があるって

きっと感性の濃度が
とても高いような気がする



洋楽の新曲で
気になったものがあると


和訳サイトを
ちらりと見たりしながら

わたしなりに
どんな曲かな〜と回想する


というのが
好きなのだけれど



面白かったのは
Castle On The Hillの詞の中で


---*---*---*---

take me back to when I

---*---*---*---


この一文だけ
人によって訳が結構違うのね



「あの頃に帰りたい」

これはちょっと
今がしんどい系かな・・・


「懐かしいなぁ」

これは

今もなかなかだし
あの頃もなかなかだよね

みたいな
爽快感があるかな・・・



この短い文章の
解釈の違いだけで

ストーリーの主人公の
設定がかわるのが面白くて



わたしは

この曲に流れる
疾走感みたいなものが


色んな精神状態
色んな境遇のヤツがいるけど

どいつも
僕の愛しい存在なんだよ

だから
逢えるのが嬉しいのさ


みたいなのが
エドの愛情深さを感じて

take me back to when I
懐かしいなぁ〜

という
解釈の方が

しっくりときて
好きな解釈だったりするかな



1年の休業で
何か洗い流されたように

エドも
すっきりした感じがするしね




こちらは
弾き語りバージョン




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

酉色の空

休息とギフト

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿