今日は新月


昨日の夜は

自分の知っている人
出逢ってきた人の

こんな生き方が素敵~
というところを書き出して



ふむふむ・・・

こんなところが
素敵と想っているということは

わたしにも
こういうところがあるんだなぁ


そう落とし込んでから
眠りにつきました



頻繁に
言葉を交わしたり

マメに
顔を合わせる訳ではなくても

その人が
この世界に生きているだけで


なんだか心が
すっと通っていくような

生き方を見てるだけで
パワーをもらえるような

そういう存在が
いてくれるということ


なぜか
ピンポイントで

閃きになるような
言葉やアイデアを与えてくれる

そういう人との
巡り逢いがあるということ



そういう巡り逢いを
改めて振り返っていたら

ふぅっと
降りてきた言葉があります


---*---*---*---

約束したんだから
助けてもらっていい

---*---*---*---


物事が
移り変わってゆくとき

人間関係もガラッと
変わることがあります


それは
移行期と

表面上
わかっているつもりでも

やるせない
気持ちになることもある



そんなとき
残ってくれたとある人に

「なぜ残ってくれるのか」

というようなことを
聞いてみたことがあります


そのとき
返ってきたのは

---*---*---*---

なぜを問えば
思考に入ってしまう

だから
なぜは問わなくていい

---*---*---*---

このときのことを
ふと思い出しました



理屈とか
理由とか関係なく

ある関わりには
こんな意味があるのかもしれません


---*---*---*---

約束したんだから
助けてもらっていい

---*---*---*---


あなたに
手を貸してくれた人が

意識的であれ
無意識であれ

それは
生まれる前からの約束



あなたが
挫けることがあったり

自分一人では
こなせないことが起きたとき

出逢ったら
必ず手を貸すからね・・・


そういう約束を
もともとしていたということ



子供の頃
なんらかの理由で


甘えたかったり
頼りたかった手を

弾かれてしまった
心の傷を持つ人は


甘えることや
頼ること

ただ受けとることへの
戸惑いがあるかもしれません



頼ることに
許可をおろすということに

ちょこっと
躊躇いを感じがちな人は


この言葉を
ほんのちょこっとだけ

胸に留めておくと
気持ちが軽くなるかもしれません



【追記】

そしてこれは
人と人だけではなく

人と自然界や
人と見えない存在との

関わりにも言えること


だからね

天罰論とか
陰謀論とかって

本当に
存在しないものなんです


わたしたちは皆
ユニークな存在



関連記事
スポンサーサイト

あなたいよう

すとうぶ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿