ボブ・ディランの
ノーベル文学賞受賞って

批判的な
文学者もいるみたいだけれど


文学的な詩で
文学賞がとれるなら

音楽的な文学で
グラミー賞をとれる


そういう可能性が
広がったんじゃないかなぁ〜

わたしは
そんな感じがしている



勿論それは
選考者次第ではあるし

ちょっと
極論かもしれないけど


こうして
ひとつの分野で

カテゴリーの枠が
外れたということは


また
別の分野でも

カテゴリーの枠が
外れる可能性ができたってこと



ボブ・ディラン
連絡がとれないらしいから

ノーベル賞なんて
オマケみたいなもので

音楽を奏でることが
生きることなのだと想うけど


こういう出来事が
起きたという事実は

歴史の中に
確実に刻まれるものね



関連記事
スポンサーサイト

誰にでも聞こえている声がある

緩めば自然に感謝が湧いてくる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿