わたしはときどき
リーディングの練習と称して


こんな風に

お花や植物に
チューナーを合わせて

お話を聞くことを
やってみたりすることもあります



でも本当は
こういうことって

誰もが
気づかずにやっていて


お花や植物を
育てるのが好きな人も

お花や植物を
見るのが好きな人も


日常的に
その声を聞いていたりします



育てるというのは
聞くということと同じで


聞こえてるのだけど
聞こえていることを

認めたくない
気づきたくない


そんな自分が
どこかにいるだけのこと



聞こえている
自分がいるんだなぁ~

そうちょこっと
頭の片隅に置いておくだけで

少しずつその事実に
気づけるようになっていきます



そして手っ取り早く
思い込みを変えるには

聞こえてる人の情報を
積極的に取り入れていくということ



これまで

聞こえてるはずないよ~と
思い込んでいたのは


聞こえてるはずないよ~と
言う人たちの情報を

頻繁に
入れていたからなので



そんなのありあり~
そんなのできでき〜


そうやって
楽しんでいる人の情報を

積極的に
見るようにすることをしていると


なぁんだありなんだ~
なぁんでできるんだ~

そういう自分に自然と
気づいていけるようになっていきます



そうやって
見る情報を変えて

脳内共同生活者を
変えてしまうことで


自分も
その世界の住人として

ゆっくりと
馴染んでいくという感じかな



---*---*---*---

写真は
ステビアのお花

初めて育てたけど
こんなお花が咲くのね〜

人生って
初体験の連続よね




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

10/21 ルノルマン・きょうのうた

ひとつ扉が開けば違う扉も新たに開かれる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿