あ〜ヤラれた!
そんな言葉が出る


何回聴いても
繰り返し泣けるって

なんか
悔しいなぁ〜〜〜


---*---*---*---

大事にしたから大切になった
初めから大切なものなんてない

---*---*---*---


これって
自分育ての歌でもある



なんとなく出会った
なんとなく気になった
なんとなく手にとった



そこから
興味が膨らんで

見つめたり
調べたりしてるうちに


それが徐々に
自分を整えてるって

ある日
ハタと気づいたりして


あぁ
こんなに大切になってる


そういうことって
日々の中に溢れている



こういう
うっかりしたら

見逃しがちに
なってしまいそうなこと

さらっと歌にするのが
セカオワのすごさなのよね



距離を置いたり
失ったりしたとき

やっと
気づくことができるようなこと


こんな風に
作品にできるのは

彼らの
共同生活の賜物かな



なんかね
彼らの才能っていうのは

わたしにとっては
傍観者的なものじゃなく

どっちかというと
嫉妬に近い感情が湧く



この曲って

無力さから生まれたって
そんな感じがするのに

踊れるくらい
楽しく作られてるのがすごい



深瀬くん
大好きなんだけれど

深瀬くんみたいな人が
彼や夫だったりしたら

嫉妬しちゃって
日々が成り立たないかもなぁ・・・



関連記事
スポンサーサイト

破壊神

10/7 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿