味というのも
目に見えない情報のひとつ


わたしは
ゆっくり食事を摂ること

できるだけ
心がけているのだけど


ときどき
意識的に

目を瞑って
味わってみたりもします



そうするとね
食材の味や香りだけじゃなく

リズムみたいなものも
ふっと感じられる瞬間がある


それがまた
食事をしているのに

音楽を聴いてるみたいで
何だか面白い気持ちになるんです



味わうということは
情報の咀嚼とも繋がっていて

深く味わうと
深く読み取れるようになる


それも
難しく噛み砕くのではなく

なんだか
ふわっと発見できる感覚


リーディングの感度も
自然と深くなっていきます
(感度=第一チャクラの活性化)



そうそう
一人で食事をするときも


美味しい〜!!とか
満たされる〜!!とか

食事への感動を
言葉にすることって


自分褒めの要素も
同時にあったりします



作ったなら
それを作った自分

買ったなら
それを選んだ自分


感動って
その行為に対しての

自発的な褒め言葉として
インプットされていくので


美味しさが増す
   &
自分褒めもできる


という
お得な行為なんですよ〜〜〜



*味わい繋がりで
 今日は後ほど浅漬けのレシピをUP
 お楽しみに





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

シャキッと食べられるキャベツの浅漬け

理由なく泣いてもいい

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿