枯草が
空に向かって

和らかな
香りを放っている


空は風にのった
その香りを受け取り

雲間から
温かな光を地に届ける



枯草のある庭のある家で
本を読む人がいる


その本は
船にまつわる歴史や

船に乗り旅をした人の
風景が描かれている



船は
雪解けした地に辿り着き

船から降りた旅人は
眠りから覚めた熊と出逢う



毎年
この時期にくるんだね

熊が
面白そうに話しかけると


初めは単なる
仕事できていたんだよ


けれど
毎年この時期にくると

変わりゆく風景や
様々な息吹に出逢うのが

どんどん
楽しみになってるんだよ



そして
その旅人は森を抜け

鮮やかな
花畑に出逢う


風にゆられて
クローバーは旅人を迎え

旅人もまた
クローバーに微笑みを向ける



関連記事
スポンサーサイト

それは消えていくからさ

リーディングがもたらすもの

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿