あなたが生まれてくる前に
わたしはずっと不安でした

わたしみたいな人間が
あなたを育てていいものか


あなたが育っていく度に
わたしはずっと不安でした

わたしという大人のつく嘘を
あなたが見抜いてしまうことを



けれど
嘘だと言われて思うのです

本当は
嘘だと

見抜かれたかった
わたしがずっといたのだと


あんなに恐れていた
あなたの言葉もその瞳も

とても清々しい気持ちで
受け入れているわたしがいる



わたしみたいな人間が
そんな言葉で

わたしはわたしが
傷ついてるふりをして

あなたのことを
長い間傷つけてきた


そのことを
悔いることさえ

嘘なのだと
きっとあなたは言うでしょう



あなたはとても
真っ直ぐに育ってくれました

わたしが教えたこともない
命の感謝という想いを抱き続けて


わたしは


あなたを生んでよかったと
心の底から思っています


あなたが
この世に生まれてくれて

わたしは
とてもとても幸せです



関連記事
スポンサーサイト

9/1 ルノルマン・きょうのうた

8/31 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿