涼やかな海で
魚たちは泳ぎ談話する

海から少し歩いた地では
収穫の香りがする


その2つの光景を
大樹は眺め

山もまた
大樹を眺めている



それは

穏やかに

見つめ合う世界



大樹の上では
本を読む人がいる


その樹にのぼると

目を向ける位置を
ほんの少し変えるだけで

大好きな世界を
見渡すことができるから


そして
緑と海と土に包まれる

その香りが
堪らなく好きなのだ



読んでいる本には
栞の代わりに

小さめのノートが
挟み込んである


同じ樹にのぼっても
見える風景は都度違う

その感動を
書き留めることも

その人はまた
堪らなく好きなのだ






【追記】

大樹と
好きという言葉の

結びつきが
印象深いきょうのうた


あなたにとって
大樹とは?


そんなところに
想いを馳せてみると

拡がりが
生まれやすい日かもしれません
関連記事
スポンサーサイト

8/28 ルノルマン・きょうのうた

わたしは愛しています

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿