心深い痛みは
蛇が飲み

脱皮と共に
花へと生まれ変わる



あなたは今
花のアーチをくぐり

道を歩いていると
ひとりの少女に出逢う


少女は美しい
クロスのペンダントを提げ

ニコニコと
手に持っている本の

狐の物語を
ゆっくりと語り出す



この狐はね
雪道を歩いているけれど


足音で
リズムを刻んだり

月灯りの
温もりとお話ししたり

自分の毛皮を
手入れをするのが上手なの



この本には
冬の温もりが描いてあるの


それは
これから来る冬ではなく

過ぎ去った冬の
温もりを描いている物語


素敵でしょ


ステージに立つ演者のように
少女くるくると踊り

ぺこりとお辞儀をして
狐の物語を終える



わたしの家は
あの丘の塔なのだけれど

丘を下って来られる
この花のある場所が好き

だからいつも
ここで本を読んでいるんだ


そう語る少女に

自分もここが好きなのだと
あなたは言い

互いに微笑みあう







【ルノルマンカードとは?】

ココ・シャネルが使っていたと
記述が残されているカードであり
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

世界最古の女性占術師と言われた
ルノルマンが発祥のカードです


本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
リーディングメッセージを

思い込みを作るものではなく
心で感じるものとして

1枚~数枚のカードから
浮かんだ詩を載せています
関連記事
スポンサーサイト

わたしは愛しています

貴重な瞬間

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿