丘の上に塔があり
丘の下に熊がいる


塔からも熊は見え
熊からも塔は見え

互いの存在を
頷きあっている



森の中では
蛇が皮を脱ぎ

刈り取られた草の
香りに誘われて

森から草原へ
静かに地を這っている



刈り取るための道具は
ひととき役割を終え

手入れをしたあとに
次の季節まで休みを迎える


蛇は今ここを通っても
自分の首が刈られないことを

森の中から見ていて
なんとなく大丈夫だと感じている



鳥は泉の上を舞い
すべての風景を臨み


塔の上でも
窓際でも

森の樹でも
丘や草原でも


自らが
寛げることを知っている



満たされた生物たちは
むやみに自分を食すことはない

語りかけ方次第で
それは安息の場にもなるのだと






【追記】

熊・蛇・鳥


様々な動物の中で
一番か弱く感じる鳥が

実はとても
勇敢な視点をもっていたり


一見怖そうな
蛇のような存在が

実はとても
繊細に物事を観ていたり


そんな意外性が
面白く感じます



意外性とは
本来面白いもの


今まで
自分が感じていた側面と

違う
側面に気づいたとき


わたしたちは
ときに


それまで
気づかなかったことに


呆気に
とられることもあれば

パニックを
起こすこともあるし

ゲラゲラと
笑うこともあります



弱いだけの人もいなければ
強いだけの人もいないように

晴れだけの空もなければ
雨だけの空もないように


両方の側面を
右手と左手に置いてみたら

真ん中にいるわたしは
どちらも見ることができます



そこにあるのは
”ジャッジ”ではなく”認識”



相反するものや
違いを感じるものに

可能性を見てみると
和らぎやすい日かもしれません




【ルノルマンカードとは?】

ココ・シャネルが使っていたと
記述が残されているカードであり
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

世界最古の女性占術師と言われた
ルノルマンが発祥のカードです


本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
リーディングメッセージを

思い込みを作るものではなく
心で感じるものとして

1枚~数枚のカードから
浮かんだ詩を載せています
関連記事
スポンサーサイト

正位置のみでリーディングするということ

泳ぐ配達人

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿