馬に乗る紳士が
あなたに声をかける

これから
歌を聴きにいくのだけど

よかったら
一緒にどうですか?と



この紳士のことは
何度か見かけた事がある

言葉を交わすのは
初めてのことだけれど・・・


歌を聴くのなら
そこには沢山人がいる


一瞬躊躇いながら
支度を待ってくれますか?と

紳士に告げると
柔らかな微笑みがあり

聴きに行くことに
あなたはその言葉で頷く



家の門では
犬が水を待っていた


なみなみと水を汲み
着替えてくるわと犬に告げ

なぜ彼に
告げてるのかしら?と


あなたは
あなたの言葉に笑いながら

服を着替え
軽く体を拭いて門を抜ける






【追記】

新しい発見や
新しい繋がり


丁寧に丁寧に
自分に微笑んでいる

そんなイメージが
とても印象に残りました



丁寧さ
柔らかさ



その言葉から

胸は?
お腹は?
腰回りは?
肩は?

どんな風に

温度や
肌触りを感じているか



そんなことを
大切にしてみると

愛しさの
膨らむ日かもしれません






関連記事
スポンサーサイト

泳ぐ配達人

崇高な動機なんて要らない

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿