静かな夜に

泉のせせらぎと
星の瞬きが鳴り


賑わう朝に

花の微笑みと
緑の揺れる音がなる



山は
泉の向こうから

樹々と
花を眺め


地上で
鳴る音に

心地良く
耳を澄ませている



山の向こうの街から

泉のある道を通り
花のアーチを抜けて

手紙が届く



人から人へ
その道を繋ぐものに

自然は
息を吹き込んでいる







【追伸】

今日の
リーディングは

自然が
擬人化されたように

表情を感じたのが
とても印象的でした


ひと段落ついたシーン
その向こう側から

新たにストーリーが
流れているのも特徴的



日常の中で流れているものに
意識を向けてみると

ほっと何かに
気づきやすい日かもしれません




関連記事
スポンサーサイト

たいようせい

8/14 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿