fc2blog_201608092011447ab.jpg


遠い
あの日を語る

きみの
瞳を見た時に


思い出とは
僕のためではなく

思い出とは
きみのためにあったのだと


僕は
思ったんだ



思い出の中の僕は
笑ってなかったから



思い出の
外側の世界には

きみなんて
もういなくて


きみという存在さえ
幻だったように


今の
僕には

思えて
ならないんだよ





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

面白いメッセージ

ゆらゆらげんき

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿