ベランダの
グレープフルーツミント

いい香りなので
麦茶に浮かべてみた・・・


のだけど


実は
少し前

麦茶に入れて
一緒に沸かしてみたのでした



そしたら
時間が経つほどに

ミントの香りが強くて
麦茶の香りを殆ど感じなくなり

しまいには
麦茶の味まで「???」状態に



ほぉぉ〜
香りって凄い!!



食事って
味を感じているようで

もしかしたら
香りで味を決めてるのでは?!


些細だけれど
衝撃的な出来事でありました



しかし

ミントの香りで
麦茶の香りが消えるということは

ある意味
香りって

香りそのものを楽しんだり
嗜むためだけにあるのではなくて

魔除けのような要素も
持っているのではないかしら



だって
どんなにいい香りでも

その香りが
好きな人でなければ

そこには
近づくことができないものね



女性が
香水をつけるのは

この香りが好きな人だけ
傍にいてくれればいいのよ

そんな無言での
主張とも言えるのかも




関連記事
スポンサーサイト

8/4 ルノルマン・きょうのうた

雲の虹

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿