港に着いた船から
浜辺の家に

一通の
手紙が届けられる


まるで
その花が

テーブルにあることを
知っていたかのように

封筒と花を並べると
心地良く空間を彩っている



海の香りがする
あなたは味わいながら

海に浮かぶ花を想い
その手紙に目を通す


そして
新たな手紙を送りだす

あなたという
花の香りをのせて・・・






【追記】

今日のリーディングの
面白かったところは

手紙を運ぶ船乗りも
楽しそうなところでした


カードの船に
船乗りは描いてないけれど

運ぶことが
とても嬉しそうなこと



わたしたちは
頼みごとをするとき

ときにすいませんと
心が疼くこともあるけれど


実はそれを
頼まれた側というのは

そのことが喜びで
ワクワクしてるのかもしれません


そんなことに
想いを廻らせてみながら

過ごしてみると
新たな発見があるかも・・・







関連記事
スポンサーサイト

人参と白胡麻のスクエアケーキ

花火大会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿