道で見つけた
四つ葉のクローバー


その喜びに
頰を赤らめて

大切にしている
あなたという記録の表紙に

そのクローバーを
静かに描く



一見したら
クロスに見えるかもしれない

その紋様は
あなたにはクローバー



誰に
どう見えても構わない

けれど
きっと

その紋様への頬笑みが
あなたと他を繋いでくれる






【追記】

今日のリーディングは

*あなたの記録*ではなく
*あなたという記録*という表現に

書いている
私自身が驚きました


リーディングの面白さでもあり
葛藤でもある部分は

こういう自分の予想外の言葉が
ポン!!と湧いてきたとき


こんな言葉が?!と
私自身が驚くこともあります



そういえばちょっと
話はそれてしまうけれど

デュラレックスという
大好きな食器があります


日本人の女性が
割れづらい食器を手に入れたくて
輸入したことが始まりで

今は普通の雑貨屋でも
手に入れることができるものです


それは
デュラレックスという名があり

その名を辿ることで
知ることができた情報なのだなぁ~



名前を知ることで
その流れの歴史を知ることができる

そこに
目に見えることを超えた価値がある

そのことを
数日前に感じていたばかりでした



名前や
歴史というものに

そっと
想いを馳せてみると

新たな発見が
あるかもしれません



関連記事
スポンサーサイト

日常で新たな自分を創造していくこと

7/27 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿