fc2blog_20160713144504313.jpg


感謝しなさい


語気を荒げて
言われた経験があると

感謝と
服従が

同居したように
反応してしまう事がある



それが

感謝しなければいけない

という反応



そういう人は
自分の外側にではなく

自分自身という
存在そのものに向けて

感謝することを
大切にすればいいと思う



感謝できない
自分のままでいい



そして
ふとあるとき

感謝できない対象に
抱いている怒りの

もっともっと
深くに

過去に抱いた
怖れがあったのだと気づく



相手のために
自分があったのではなく(過去形)

自分のために
相手があるという目線で(現在進行形)


わたしのためにを
前提として

○○してくれて
自分がこうしていられる



試しに書いてみる



試しのつもりが
ドッと涙が溢れてきて

そして
翌日になったら

左後ろに
回りづらかった首が

以前より
回りやすくなっていた



感情は体に記憶される
それはきっと本当のこと


そして

感謝とは
自分が得するためにするもの

なのよね




【追記】

真ん中の雲が
羽根の生えた蛙みたい

な〜んて
感じていたら

跳ねカエルって
ギャグですかいな・・・


関連記事
スポンサーサイト

7/14 ルノルマン・きょうのうた

美味しい気持ち

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿