馬を闊歩させ
通りすぎる人がいる


高みを見るように
あなたが眺めていると

その人は
馬をおり優しく会釈する




理由など
聞く必要はなく

その人が
差し出す手に


あなたは
同じという意識を

不思議と
優しく感じている



理由はきっと
いつかわかるのだろう

言葉にできない
躊躇いを抱えていると


その手の人は
花の香りがしたのだと

あなたに
静かに言葉にした



関連記事
スポンサーサイト

リーディングとハートチャクラ

ゆるすいっち

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。