20代で
椎間板ヘルニアやってから


セルフでできる
ボディワーク系も

いろいろと
やってみたけれど


今はこれが
1番しっくりきているわ



なにより
実際やってみると

体の動き方の変化を
日々の中で感じやすいのが

わたしには
とてもありがたい


今日は歩くとき
骨盤が動いたなぁとか

首の動く範囲が
広がってきたなぁとか



それと
きっと昔だったら

お婆ちゃんが
孫に伝えていたような

日常の仕草の中に
チャクラの活性化として

大切なことが
存在しているということ



そういうことも
盛り込まれていて

スピリチュアルは
特殊ではないということを

静かに伝えているのも
とっても魅力的な点なのよね



それと
この本を読み始めてから

チャクラのお話とか
結構好きなんだなぁ〜って

そんな自分に気づけたのも
新しい発見だったりしてね



というわけで
チャクラの曼荼羅さん

只今
ちまちま作成中です



【追記】

「静かに伝えてる」

それって
わたしの感覚では

根を張って
伝えているという落ち着き



キャー
バーン
ドカーン


みたいな

声高さを感じたり
ハイテンションな言葉は

心に残っても
それは”刺さる”という感覚


そういうのは
衝撃としては残るけど

肚の中には
残りづらい感覚がある


心に残るというよりは
肚に残るというのが

わたしにとっては
大切なことなのかもしれないね


関連記事
スポンサーサイト

7/13 ルノルマン・きょうのうた

7/12 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿