涼やかな
水の中

泳ぐ魚の
きた場所は


初めは
みんな違う場所

聞いても
知らぬ遠い場所



潮の流れに
身を任せ

辿り着いた
その場所で

出逢ったことに
懐かしさが灯る



喧騒を離れ
共に語らうも

どこか戸惑い
よそよそしさもある


けれど
同じ水にいる限り

肌は直接
触れずとも


感じる波や
感じる温度

やがて
溶けこむこととなる



関連記事
スポンサーサイト

6/28 ルノルマン・きょうのうた

滴花

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。