風吹く丘で
狐は遠くの山を見て

こちらへ向かう
音を聞く



食べる物は必要だけど
温もりが欲しいと狐は歌う

狐の歌う声を聞き
風は渦巻き花や鳥や虫を運ぶ


食べられると怯える
花や鳥や虫に

狐はぽつりと
友達になろうと呟いた



大きなものは猛獣で
小さなものを襲うもの

そう思い込んでいた
花や鳥や虫たちは


大きなものにも
寂しさがあり

大きなものにも
優しさがあると知り


共に微笑み
安堵する



狐は
布団となり眠る

花や鳥や虫は
子守唄を歌う



包んでるようで
包まれて

包まれてるようで
包んでる


そんな
廻り廻る世界




【ルノルマンカードとは?】

デザイナーのココ・シャネルが
使っていたカードと
記述が残されている占術です
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
思い込みを作るためではなく
心で感じるものとして

1枚のカードから
浮かんだ詩を載せています
関連記事
スポンサーサイト

かな はな

6/22 ルノルマン・きょうのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿