月を囲む星たちは
月に焦がれてみるけれど

月には
月という名があるだけで

名もない星にも
同じ価値がある



星があるからこそ
月はこの世に存在できる

月はその
有り難さを湛え生きている



地上にいる私たちも
月と星を同様に見つめ

夜空の星と
夜空の月を愛でている



星には星の愛しさが
月には月の愛しさが

そんな夜空の
すべてを抱きしめて

生きる抱擁を
私たちは持っている







関連記事
スポンサーサイト

6/14 ルノルマン・きょうのうた

聖子ちゃんの微笑み

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。