一杯のお茶の温もりを
一杯のお茶の味わいを


ゆっくり
しっとり

愉しむかのように


きみの
あの日の大好きも

きみの
あの日の嬉しいも


ゆっくり
しっとり

愉しめたらよかったな



渇望とか
絶望とか

この世には
沢山の言葉があるけれど


きっと
ぼくは


ゆっくり
しっとり

深く
沁み渡る感覚を


ずっと
知らないままだった



けれど本当に
知らなかったかというと

ちょっと
違う気もするんだ



小さな箱の中に
沢山の傷を抱き

痛みには敏感で
悲しみには敏感で



もう何も要らないと
すべてを放棄して



一杯のお茶のような温もりを
一杯のお茶のような味わいを


深く感じられる
深く愉しめる

そんな
ぼくがいることを


すっかり
忘れてしまっていたんだ



誰かが
ぼくに言ったよ

繊細さを
嫌ったりしないでと


それは
きっと本当のこと


繊細さは
千の才だって

ぼくの中の
何かが伝えていたんだ





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから
関連記事
スポンサーサイト

お花のエネルギー

Water Story

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿