閉じて
見える

ピンク色の
この花びらは


決して
言葉を

閉ざしている
わけではありません



巡り逢った
あなたと

キスをするため
吐息を交わすため



この
花びらの中に

甘く優しい
豊かな香りを抱き


わたし自身も
その香りを

楽しみ
味わい

息をして
生きているの


関連記事
スポンサーサイト

ハートの真ん中 ちいさな巨人

天使と勾玉は同じ場所にいる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿