*ここからの続き*


この間
TaoZenに行ってきて

自分の中の
嫌いな自分に蹴り!!って

ワークをやったのだけど
それがとても面白かったの



蹴りを入れる前に
嫌いな自分を目の前に置いて

警戒しないように
あえてヘラヘラして


はろ~とか
やぁ!とか言って

油断させてから蹴る!!
もう片足で更にトドメ刺す!!

はぁ〜
すっきりって・・・



何かを倒す
壁を蹴る

そういうときって
凄むもんだと思ってた


そっか
ヘラヘラしてていいんだ


ヘラヘラして
目の前が緩んだときに

パーンと
蹴りを入れるんだなぁ



深い・・・
緩いようで深い・・・




TaoZenのワークは
瞑想だけど面白いから好き

生真面目さより
ユーモア優先なのが好き



そうそう
この本に3分って書いてあって




他にも
ワーク系の本で

3分って
書いてあるのがあって


数字の意味とか
知るのが好きな彩ね。は

この3分
何か意味あるんですか?と



聞いてみたら・・・
なんとなんと!!!




ただ単に

編集さんの
戦略なんだよ~だって



がくっっっ



5分だと
慣れてない人には

捻出するのが
難しい感じがしたり

7分とかだと
半端だなぁ~って感じだし


3分って
書いてあったら

なんだか
できそうに感じるじゃない



大内さん的には

7~15分が
理想なのだそうで


でも
3分って見て

なんとな~く
できそうかも・・・から


とにかく
やってみて

浸透してくのが
いいんじゃないって感じみたい



こういう緩さって
本当に素敵だなぁ〜



大内さん
自分のこと

瞑想を30年以上
続けてるように見えないのが

いいところでしょ〜って
すごく楽しそうに話してたし



実力主義より
ゆるゆる主義の方が

わたしには
性に合ってるのかも・・・




関連記事
スポンサーサイト

ひといろたさい

緑と空の天の河

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿