ある朝

---*---*---*---

わたしは
わたしの人生に関わる

コントロールの
すべてを手放します

---*---*---*---

そう
言うといいって

心が呟いたので
言い続けてみたら


今まで
大切にしていたものでも

実は無意識に
わたしを縛っていたものを

見つけ出して
処分することができた



ある日

---*---*---*---

わたしは
何も買えなくても価値がある

わたしは
お金が払えなくても価値がある

---*---*---*---


その言葉が
歩いてると浮かんできて

ぶつぶつと
呟やいてみていたら



子供の頃
同級生のお誕生会に行ったとき


お父さんがいなくて
お金がないのだろうから

あなたはプレゼント
買ってこなくていいよって


お誕生会をする家の
お母さんに言われたことと



そのときの
悲しかった気持ちと

そのときの
悔しかった気持ちが湧いてきて


”皆よりお金の払えない子”
”皆より物が買えない子”


という
イメージを

無意識に
刷り込んでしまったのだと

やっと
気づくことができた



直感的に
生まれた宣言って

刷り込みじゃなくて
探索に使ってくものなのね



必ずそれを見つけるよ~



っていう

探索に対する意思表明が
宣言なのかもしれないわ



【追記】

写真は
昨日の午後の空


なんとなく
見上げてみたら

太陽の光が
優しく射してる感じが

素敵だなぁ〜って
撮ってみたけれど


あとになって
よ〜く見てみたら

うっすらと
ハロのように弧を描いてる光



彩ね。の
ハロ探知機能って

自分でも
ビックリしてしまうわ



そして
見直した世界には

「瞬間」では
気づくことのなかった

感動や
煌めきが

「じんわり」と
隠されていたりするのだわ



関連記事
スポンサーサイト

【お知らせ】ポストカードのWEBショップができました

Lost Feeling

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。