fc2blog_20160221114438980.jpg


きみを
責めたあの人は

自分を
責めて生きてきた


そんな
あの人の感情を

きみが
背負う必要はない



責任とは

責めるを
背負うのではなく

責めるを
任せるということ


きみを
責めたあの人に

責めるの
処理は任せて



きみは
きみのこと

褒めるに
任せて生きていこう



関連記事
スポンサーサイト

マークジェイコブズ×レディーガガ / 自分天使の創造

大好きな人にほど

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿