心の底から
好きなものを

好きと
言葉にする度



ふらふらしたり
よろよろしたり



心の底から
好きなものを

好きと
言葉にする度



こんなにも
自分のことも

本当は
好きなんだよって

言ってる
自分がいることに



ふらふらしたり
よろよろしたり



それでも
やっぱり

こんなに
好きなんだって

ずっと
言いたかったんだよね



わたしは
わたしに

あなたは
あなたに



ふらふらするくらい
よろよろするくらい



眩しいわたしが
心の底にいることに


眩暈とは
見まいとしていた

わたしの
煌めきに


圧倒される瞬間に
起きていること




関連記事
スポンサーサイト

福来

ばななさんの優しさ 〜創造性は自分への優しさということ〜