seishi.png


デヴィッド・ボウイが
死んでからというもの

ヒルルクの死に様
彩ね。の中でリンクする



人は
肉体を持った瞬間に

宇宙の塵から
星を抱いて生を受け


生きているうちに
様々な煌めきから

抱いた星を
活性化させていく


そして
肉体を終えた瞬間に

抱いた星は
宇宙の塵にまた戻り


生ある世界を
見守っていてくれてると



アーティストが
死を迎えたとき

多くの人が
それらを手にするのは


肉体に宿っていた
アーティストの惑星たちが

生ある存在の中に
宿るだけ世界に散るからだ



そして
それは

生あるうちから
個人の肉体の中では

繰り返し
繰り返し行われている


自身を
活性化させた歓びは

体内にある
古い細胞を破壊して

破壊音と共に
この世界にばら撒き


他と結びつき
新たな細胞を既成し

新たな思想や
感性となって受け継がれる



こうして
人は

血の繋がりと
はまったく別物の

新たな人格や
新たな生き様を

手に入れて
生きていくことができる



彼の死の芸術は
彼の生の芸術を

最期に
愛を以てバラ撒いた


生の中に存在する
死の図式というものの

美しさや
愛しさを

デヴィッド・ボウイは
教えてくれているんだわ



バラ撒く

とは

薔薇撒く


ということ





申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』
関連記事
スポンサーサイト

聖なる授精・1 〜破壊から生まれる生と性の感動〜

優しい魔法

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿