ハッと
息を飲むような

艶やかな
美しきものに


人は
足を止めるけど


きみが
走り続けたままならば


きみに
見蕩れたい人は

足を止めて
見つめることができない



足を止めるとは
きみの艶やかさを知ること

足を止めるとは
きみの美しさを知ること



だから
あの日

足を止めてしまった
きみを

今のきみが
褒めて欲しいんだ



誰もが
前進することを

善だと掲げる
この世の中で

足を止める
勇気のあったきみを



艶やかさに
きみが見蕩れ

足を止めた
目の前の景色が

本当に
告げたかったことは



止まることは
美しいことなんだよ

止まることは
魅せることなんだよ



そんな
穏やかな世界の微笑み





関連記事
スポンサーサイト

BlackStar論・1 〜わたしは宇宙人〜

スピは素陽 〜自分優位の解釈術〜

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿