深い海に
潜っている間

ぼくは
きみたちと一緒にいる


そこは
深海の楽園

それは
まるであの世



深海から
この世に戻ってくると

ぼくは
どうしようもない

寂しさに
かられることがあるんだ



それでも
ぼくの体は憶えている



あの世に思える
深海の微笑みは

この世に生きる
肉体の微笑みであると


置き去りにした
欠片が取り戻せなくて

どうしようもなく
切なさを抱えても


あの世にある
深海の微笑みは

この世に生きる
肉体の微笑みであると




関連記事
スポンサーサイト

食とファッション

私が息をできること

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿