fc2blog_20151118145447f60.jpg


これは
どこかの国の

悲しい
お姫さまの話



王妃は
遠い昔に亡くなりました

王様は
遠い昔に出て行きました


王様が
出て行った日に

お姫様は
王様と喧嘩したのです


そして
いなくていい


言ったのです


翌朝
目が覚めたら

王様は
いなくなっていました



お姫様は
その日から

ひと言も
喋らなくなりました



私の言葉は
人を遠ざけてしまう

私の言葉は
人を去らせてしまう



だから
2度と喋らないと

そう
決めたのです



城の中にいるときも
森の中を歩くときも



何年も経った
ある日

お姫様の
城に

一羽の鳥が
やってきました



鳥は
怪我をしていました


冷たい
ふりをしていても

本当は
寂しかったお姫様は


鳥を
手当することにしました



数日経って
鳥は元気になりました

鳥は
お礼を言いました


お姫様は
それでも喋りません


鳥は
それが

不思議で
不思議でたまりません



鳥は
お姫様に聞きました

なぜ
喋らないの?


それでも
お姫様は喋りません

それでも
鳥は喋り続けます



これまでの
自分の人生のこと

この城に
辿り着いた日のこと


しつこく
しつこく

話しかける鳥に
お姫様は怒鳴りました



黙ってて!!と




とお姫様が気づいて

また
鳥も去ってしまうと


ほろほろと
泣き出すと


鳥は
隣にやってきて

お姫様に
こう言いました



よかった
やっと話してくれた

とても
綺麗な声をしてるね



どんな言葉でも
鳥は聞きたかったのです

鳥にはお姫様の
声を聞くのが夢でした



どうして
あなたは

私の前から
いなくならないの?

お姫様は
鳥に聞きました



鳥は
答えました

あなたの
本当の声を聞きたかったから


声には
温度がある

声には
香りがある


あなたが
どんな話をしたとしても


わたしは
あなたの温度が好きなのだと

わたしは
あなたの香りが好きなのだと



だから
だから

助けてくれたから
それだけじゃなくて

ずっと
ずっと

あなたの声を
聞きたかったのだと



その日から
お姫様は

やっと
1人じゃなくなりました


鳥の前で
涙を流したその日から

やっと
1人じゃなくなりました



悲しいお姫様は
悲しみは抱えているけれど

お姫様の言葉に
寄り添ってくれる者がいると

やっと
知ることができたのでした


その日から
お姫様は

少しずつ
お話しするのが楽しくなりました





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』
関連記事
スポンサーサイト

繊細でセクシーな男とイケてて危なげな男

あなたといきたい

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿