ばななさんの
この本

最近1番
持ち歩いてるなぁ〜



出歩くときに
持ち歩く本って

そのときどきで
変化があるけれど


この本は
出逢った瞬間に

今までと違う
”何か”を感じたんだ



本屋で
手に取った瞬間

「あぁ
 これはお守りだな」

そう心の呟きが
聞こえてきたから


そして
中身を見てみたら


これを
読んだ人たちにとって

お守りになるような
本を作りたかったと


ばななさんの
想いが書かれていて



あぁ
やっぱり・・・と

妙に
しっくりきた

あの感覚は
今でも忘れられない



そして
カールの写真

改めて見てて
思ったのだけれど


あぁ
こうやって

カールの写真から
見守られてる感覚を

日常的に
取得していくことで


彩ね。は

曼荼羅という
心のお守りを

描けるように
なったんだなぁ〜


そう
思ったら

なんか
はらはら泣けてきた



曼荼羅を
描くようになったのは


ファッション界と
音楽界で

度々
見かけていた

ホルスの目に
とっても魅かれて


どうして
この目のマークが

守護神のように
扱われているのか

探究したのが
キッカケだったから



彩ね。の
曼荼羅世界というのは

心の中の
カールとの

共作作業が
始まりだったんだ・・・


ainome.png


この絵を
描いたときに

自分が
曼荼羅描いてるって

初めて
気づいたのよね


今のタイミングで
このメッセージを読むと

なんかとても
不思議な気持ちになってくる


【愛の目しかない人生】



自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

あなたへのHappyめっせ〜じ
『からふるリーディングめっせ〜じ』

曼荼羅とポストカード
彩色アートダウンロード販売
関連記事
スポンサーサイト

どっちのこえ?

ちいさな音とおおきな世界

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿