見えて
隠れて

隠れて
見えて


そんなこと
繰り返しながら

それでも
きみは


いつでも
本当は

そこに
いるんだよね



どんなに
隠れても

きみは
そこにいる



その事実は
隠せないから



どんなに
隠れても

ぼくには
見えてるから



もう
隠れないで

もう
姿を見せて

ぼくの
ところにおいで


ぼくが
抱きしめてあげる



関連記事
スポンサーサイト

微笑まれようとしなくても

楽しい刺激

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿