切腹最中ネタ
続きで〜


武家時代の
切腹というのは

自分の腹を切り
自害することだったけど


現代における
切腹っていうのは

脳内世界の解放による
自己世界の確立だな〜


なんてことを
思ったのよね



医者になりたくて
医者になれなかった

深瀬君の
手術する相手は

患者ではなく
自分自身だったんだなぁ〜



自分の脳内を
メスでかっ捌いて


覗いて
見えたもの

取り出して
眺めたものを


愛と
美に

変換して
世界に広めること



それが
結果として

他者の脳内さえも
外科手術状態へと

導く道標として
キラキラ輝いてるんだわ〜





関連記事
スポンサーサイト

とらや赤坂の挨拶文

弱さという名の勇者たち

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿