雲間から
顔を出した太陽が

三日月みたいで
可愛いなぁ~って

よ~く見たら
笑い顔に見える



fc2blog1002.jpg


とある
写真家さんに

子供みたいな
自由な感性だねと

褒めて
貰ったことがある



子供心や
無邪気さを

否定されてた時期を
長く過ごした彩ね。には


それは
新鮮な驚きで

とても
嬉しい言葉だった



自分の感性の
素晴らしさを

堂々と表現して
生きている人は


他者の感性の
素晴らしさも

我が事のように
愛することができる


自分から始まるとは
そういうこと



大人になっても
子供心は使える



他者にとっては
なんでもないものを


自分に
とっての

意味あるものへと
価値あるものへと

変換し
生み出すために


生み出されたものを
じっと見つめて

微笑み
愛でて生きるために



意味も
価値も

自分の心で
生み出せるものなんだ




関連記事
スポンサーサイト

優しい世界

煌めく細胞