sample927.jpg


一人で
笑うのは

苦手なの



涙を
溢していた

きみの
こと


ぼくは
ずっと

見つめて
きたから



大きな
声じゃなくても

細やかな
微笑みであっても



ぼくが
きみを

一人に
して


出かけて
戻ってきたら


一人でも
笑えたのよって

嬉しそうに
伝えてくれる


きみの
ことが

堪らなく
愛しいんだ




関連記事
スポンサーサイト

名月アート

ハートなお月さま

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿