トリーバーチの
ラッキープリントUSB


これを
使うようになって

イラストの
データ保管が

スイスイと
捗るようになったわ



文字や
文章は

ノートや
ネット上に残せても


デジタル画の原画
データ保管が大切よね


思いつつ

なんだか
捗らない時期があってね


ふと
USBを見たら

あまりの
味気ない容姿に

手が動かない
自分に気づいたのよ



USBって
脳内データ保管庫だもの

作品って
脳内世界放出愛だもの



脳内を
華やかに彩る

脳内を
ホットに和らげる


そして

自らの中から
生まれおちたものを

包みこむような
優しさをもって保管できる



ハッピーイメージの
持てる保管庫だからこそ

心地良く
はかどるんじゃない?って


手に入れたら
やっぱり

サクッと手が動き
サクッと作業が進む



なんたって
こんな可愛い容姿

目に届くところに
常に置いてあるから

そりゃ
すぐに動けるわよね



アートや
デザインに含まれる

情報の
ソースっていうのは


こんな風に
日常の中で

自己内部に取り込まれ
生きていくものなのよね〜




関連記事
スポンサーサイト

黄金泥棒

滑稽な笑い話

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿