今回の
シャネルのショーでは

闇の芸術性を
深く感じたなぁ〜



星や
月や

夜に薄らと
浮かびあがる

植物や
生物の美しさ



夜空の
星や月

それらは

夜空を見上げることで
あると気づけるもの


夜の
植物や生物

それらは

地上の闇に目を凝らして
気づける美しさ


頭上と
地上と

この両方が
調和していたところも

とても
素晴らしかった



夜は
闇は

意識的に
目を向けてこそ

見出すことのできる美と
様々な可能性を秘めている



意識的に
目を向けた

その場所に
存在しているものは


自分にだけ
見えているようで


手を動かし
体を動かし

表現すれば
他者にも見える世界になる



それは
彩ね。自身

絵を描いていて
感じられることでもあるし


ファッションや
デザインの世界を

見れば見るほど
感じられてることでもある



ファッションと
心の世界は

やっぱり
切り離せないなぁ〜


心の闇は
闇ではあるけれど

病ではなく
可能性であることは


ファッションからも
見えてくるものね



闇の芸術とは
夜の芸術のこと

夜の芸術とは
自分であることの芸術のこと



【追記】

闇から自分を見出す
闇から宝物を見出す


これまで
彩ね。がしてきたことを

ぎゅっと凝縮したものを
只今作成中


できたら
お知らせしますので

ちょっと
お待ちくださいね


関連記事
スポンサーサイト

晴れてなくても大好きよ

Come home Come heart

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿