この世界で
きみと出逢ったとき

ぼくは
突然泣きそうになった



本当は
泣いていたんだ

でも
この強がりだけは

ちょっと
許して欲しいかな



こんなにも
美しい生命があるのだと

こんなにも
美しい容姿があるのだと

こんなにも
美しい世界があるのだと


どうしても
堪らなくなって



これまでの
泥沼みたいな世界も

捨てたもんじゃ
なかったよなぁ・・・


泥を被って
目の前が覆われて


そして
きみと出逢ったから

ぼくは
その美しさに気づけた



泥を
知らなかったら

きみの
可憐な美しさを

見逃して
通り過ぎてたかもしれない



これまでの
泥沼みたいな世界も

捨てたもんじゃ
なかったよなぁ・・・



泥を被って
目の前が覆われて


そして
きみと出逢ったから

ぼくは
その美しさに気づけた




関連記事
スポンサーサイト

この世界を生きる理由(ワケ)

暑中お見舞い申し上げます

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿