私が
微笑んでると

隣から
あなたは言うの


それ
私にも頂戴って



ねぇ
5分前にも

同じこと
言っていたわよね



聞こえないフリしてたけど


あなたって
自分の言ったことさえ

簡単に
忘れてしまうのね



どんなに
頂戴って言っても

これは
あげられないものなのよ


あなたの目に
見えることのない

深い
深い

紫の
泉の中で

長い時間を掛けて
育てた花なのだから



無理にでも
もぎ取ろうとするなら

容赦なく
棘で刺し殺すわよ


でも
その前に

この花の
本当の在り処を

あなたは
見つけられるかしら?



私に
触れていいのは


花を育てる
楽しさを知る人だけ

育てた花を
互いに愛でる人だけ


自らが
花であることを

知ることを
怖れない人だけ



どんなに
頂戴って言っても

これは
奪えないものなのよ


あなたの目に
見えることのない

深い
深い

紫の
泉の中で

長い時間を掛けて
育てた花なのだから



関連記事
スポンサーサイト

猛暑と新体験感覚

妬ましさは美の世界

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿