ぼくは
欲しかった

ずっと
きみが欲しかった



長い間
ずっと焦がれていた

ほかに
何も要らないくらいに

ずっと
きみのことを求めてた



他の
誰かには


歪んで
見えていたとしても

曲がって
見えていたとしても



ぼくの目には
いつも


きみは
真っ直ぐに

きみは
凛と映っていて



ぼくは
焦がれていた

きみの美しさに
きみの優雅さに


長い間
ずっと

焦がれていたんだよ



関連記事
スポンサーサイト

からまないヘアブラシ

Bee happy delivery / 自然界の象徴

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿