beehappyb.jpg


夏至の日の朝
ミツバチの夢を見た

ふふふ
可愛らしいでしょ?



蜂は

花から
花へと渡り

受粉の
助けになってくれる


自ら
得たものから

蜜を生む
豊かさのシンボルでもある



自然界に
存在するものたちは

優しく
美しい象徴ばかり



なのに
なぜか

地震とか
自然現象ばかりが

神の怒りとか
大地の嘆きとか

恐怖感を煽る
解釈ばかりされるのが

彩ね。には
不思議でたまらない



確かに
地震の揺れは

怖いな~って気持ち
湧いてくるものだけれど


揺れてるのは
自分ではなく大地だし


揺れって
自分単位で見てみると

必要なときも
存在しているのよ



彩ね。は
背骨が側弯していて

真っ直ぐな
骨格の人と同じように

姿勢を
正そうなんてしたら

かえって
痛みが出てしまう


(心も体も
 正しさを目指すと
 痛みが出るということね)



だから

朝の
呼吸法の時間とか

姿勢を
整える必要があるとき


下腹部に
軸を感じながら

身体を軽~く
ユラユラ揺らしてみる


そうすると
力みが抜けて

自分にとって
心地良い姿勢がとりやすい



揺れることって
悪でも怒りでもないのよ

強張りを緩ませたり
バランスを整えるときに

揺れが
必要なときもあるんだもの



関連記事
スポンサーサイト

きみを求めて

とうもろこしのもっちりパンケーキ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿