gali1.png


ガリアーノの
この表情

本当に
素敵だなぁ・・・


以前から
お洒落だったけど

今の彼は
とってもエレガント


gali2.png


この頃の
ガリアーノも

個性的で
良かったけれど

なにか
コテコテ感があるもんね


地位
名誉
名声
お金


沢山のものを
持っていたけれど

内面は
鬱屈していたんだ



ガリアーノは
これまでに

沢山のものを
失ったかもしれないけど


今の彼は
自分の心の中に

失うことのない
消えることのない

宝物を
持っているってこと

表情からも
感じることができる



でもさ
ディオール時代の

鬱屈した
ガリアーノも

彼にとっては
必要な時間だったんだ



溜め込んだ時間が
たんまりあったからこそ

鬱屈を爆発させ
殻を破ることができた


ディオール時代の
ガリアーノが無ければ

今のガリアーノも
存在してないんだもの



そして

欲望のままに
手に入れたもの

その体感も
その感触も

手に入れてみなければ
わかりはしない



欲望が悪とか
無欲が素晴らしいとか

そんなの
綺麗ゴトでしかないよね



欲望がなくなったら
人の心は死んでいくよ



欲があって
欲に生きて

そのとき
そのとき

必要な欲を
手に入れるからこそ


本当に必要なものが
本当に大切なものが

見えてくるように
人はなっているんだから





gali3.png
関連記事
スポンサーサイト

The brightness of cracked

ElenaPerminova / エレナ・パルミノヴァ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿