きみが
きみの素晴らしさに

長い間
気づけずにいたのは


それが
あまりにも

きみの
近くにいたから



ずっと
ずっと

持ち
続けていたものは


その手から
その体から

離れてみて
魅えることがある



切り離された

痛み
切なさ
寂しさ


それさえも

きみの
素晴らしさを

感じる心に
気づくためにあったんだ




関連記事
スポンサーサイト

アルジェランオイルリップ

ありがとうは自分のために

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿