太陽の光の中に
突入していく鳥の姿



なんか
よくわからないけど

この姿
妙に感激してしまう


同じ空なのに
別世界に突入する

その瞬間を
捉えたようで



特に
狙ったわけでもなく

鳥が
飛んでる姿を見たとき


いい感じに
撮れたらいいなって

ただ
それだけを思ってた



実は
彩ね。は

写真を撮るとき
ほぼサングラスしてる


その方が
感覚的に撮れるというか

狙いすぎることなく
意図せぬ瞬間に出会って

撮れることが
多いな〜って感じるから



仏さまの
半眼の姿って

薄ら閉じた目で
心を見てるからなんだって


サングラス越しに
撮れる世界というのは

半眼の世界に
近い感覚が

どこか
あるのかもしれないなぁ・・・




関連記事
スポンサーサイト

眩い叫び

泥沼から生まれた研磨

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿