fc2blog_2015020911462943c.jpg


きみが
きみのこと

認められるなら
それだけでいいって

頑なに
言葉を閉ざさなくていいよ



きみは
きみ以外にも

きみのこと
認めてくれる人
居てくれていいって

胸の扉開いて
流れこむままに



素敵って言葉を
きみ一人の中に閉じ込めないで

大好きって言葉を
きみ一人の中に閉じ込めないで


素敵と言えば
遮られる過去は

大好きと言えば
切り裂かれる過去は


遠い彼方へ
見えない彼方へ

熱い光で
ぼくが焼き尽くしたから



きみの素敵さは
受け入れられる

きみの大好きは
抱きしめられる


それこそが
真実の世界



もうきみは
充分きみのこと

抱きしめること
できているから


素敵を言葉にして
大好きを言葉にして

温もりに包まれて
愛情に微笑まれて

きみは世界に
守られて生きていい



この世界は
ずっときみを歓迎してたから

この世界は
歓迎を受け入れる日のことを

きみの傍で
ずっと待っていたから








関連記事
スポンサーサイト

死の鳥が叫ぶ愛の詩

はじまりのうた

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿